あいあるグループメインテキスト

あいあるグループメインテキスト

あいあるグループメインテキスト

あいあるグループメインテキスト

あいあるグループメインテキスト

あいあるグループメインテキスト

あいあるグループメインテキスト

私達は利用者様の個々の生活を尊重し、
自分らしく笑顔で安心して暮らせる環境を作り、
地域に根ざし温かい福祉社会の実現を目指します。

         SDGsへの取り組み

通じた思い

お身体も大きく、少しだけ強面のA様。
ご入居して初めのころは、職員が声をかけるとジロッと見ては無言。
運動の声掛けにも応じていただけず、何度か声をかけると怒られてしまいました。
デイサービスに参加の日も、一日何もせずにすぎてしまうこともありました。

しかし、あの手この手で怒られながらも関わり続けると、少しずつ耳を傾けていただけるようになりました。
それでもまだ自室での個別運動はなかなか行っていただけませんでしたので、どうしたらいいかと悩んでいたある日。
たまたまお部屋の前を通りかかると、ベッドに座りながらご自身でテレビ体操をされていました。

うれしさがこみ上げて、心の中で「やったー!」と叫んでいました。
利用者様を信じてあきらめず、関わり続けることで大きな感動をいただきました。
やっぱりこの仕事をしていてよかったと思える瞬間でした。

               今月のスタッフフォト

稲垣吏紀 あいの里管理者

入社して9年。人との関わる事が好きで前職はもとホテルマン。
同僚から声をかけられ、介護はまったくの未経験だったが、祖父が認知症になり自分も家族を助けたいと考え決心した。

入社して、人と接することは抵抗がなかったが、介護では技術面や服薬管理等わからないことが不安だった。
それでも介護の仕事を辞めたいと思ったことは一度もない。
いつもポジティブに考えてるが、人間関係だけは難しい。
自分が思っていること、想いの強さは職員みんなに伝わらない時もある。
「想いが強いね。」とよく言われる。利用者様の希望をかなえてあげたい。

職員のペースや都合ではなく、利用者様のペースで支えたい。
あいあるの好きなところは人。会長の言葉「人こそすべて」に共感する。
そして何でも言いやすい環境でしょうか。
これからのあいあるに期待することは、スタッフ皆のモチベーションを上げるためにも、給料をベースアップしていけるしくみを考えてほしいと思う。

【インタビューを終えて】

趣味は釣り、キャンプ、ボード等。
「釣りをしながらいつも自分に立ちもどりポジティブでいられる。」と少年のような輝いた瞳で語られる。
様々な魚の話をふくらませながら、好きな食べ物は「焼肉」と答えた。大爆笑の中、稲垣さんの人柄を感じ、きっといつも周囲には穏やかな空気が流れている背景がみられた。

Copyright © 2021 aiaru group. All Rights Reserved.